2006年11月21日

Jet ロンドン公演でカサビアンをカヴァー!

Jet ロンドン公演でカサビアンをカヴァー!

ジェットが、BBC主催のシリーズ・イベント「Electric Proms」の一環として10/26にカムデン・バーフライでライヴを行ない、カサビアンの「Reason Is Treason」をカヴァーした。UKでのデビュー公演を行なった記念すべき会場にふたたび舞い戻った彼らは、60分間のセットの中盤で、激しいギターが印象的な「Reason Is Treason」のカヴァーを披露。このほか、「Holiday」や「Stand Up」、そしてニュー・シングル「Bring It On Back」など、2ndアルバム『Shine On』からの新曲を中心としたセットで観客を沸かせた。さらに、アルバム『Get Born』から「Cold Hard Bitch」や「Look What You've Done」といった定番ナンバーも披露。そしてファンに断トツ人気の「Are You Gonna Be My Girl」で会場の盛り上がりはピークに達した。この日は急性喉頭炎でダウンしていたヴォーカルのニック・セスターもステージに復活。赤のスウェード・ジャケットとシルクのスカーフを身に付けて登場したニックは、復帰直後にも関わらず、素晴らしいヴォーカルを披露した。(NME)

http://www.vibe-net.com/musicinfo/news/index.html?DATE=20061027
posted by pop at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト名 J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

ジョン&ヨーコの前衛作品3作、紙ジャケ化

ジョン&ヨーコの前衛作品3作、紙ジャケ化

ジョン・レノンとヨーコ・オノ(オノ・ヨーコ)が60年代末に発表した作品群が、紙ジャケット仕様として再登場することになりました。リリースとなるのは、『「未完成」作品第1番〜トゥー・ヴァージンズ』『「未完成」作品第2番〜ライフ・ウィズ・ザ・ライオンズ』『ウェディング・アルバム』の3作品。ご存知の通り、これらの作品は“前衛作品”とされるもので、ノイズや会話、心臓の鼓動などで構成された音楽とは別次元のもの。『〜トゥー・ヴァージンズ』の物議を醸した全裸ジャケットは、あまりにも有名です。
 
今回の紙ジャケは、英国オリジナル盤の仕様を忠実に再現。コーティング・ジャケットはもちろん、内袋やポスター、『ウェディング・アルバム』のカートン・ボックスとビニールバッグなど、付属物も復刻。97年のCD化に際して追加された、ボーナス・トラックもそのまま収録されています。作品の内容は熱心なザ・ビートルズのマニア向けですが、この仕様となると紙ジャケ好きも入手したくなる? 発売はビデオアーツ・ミュージックより、全作品12月20日の予定です。
 
<ジョン・レノン&ヨーコ・オノ紙ジャケット>
●『「未完成」作品第1番〜トゥー・ヴァージンズ』(68年/VACK-1304 税込\2,625)
  ※コーティング・ジャケット、内袋、US盤用外袋、同シール付
●『「未完成」作品第2番〜ライフ・ウィズ・ザ・ライオンズ』(69年/VACK-1305 税込\2,625)
  ※コーティング・ジャケット、内袋付
●『ウェディング・アルバム』(69年/VACK-1306 税込\3,675)
  ※カートン・ボックス、ダブル・ジャケット、内袋、ポスター2枚、ブックレット、ポストカード、写真2点、ビニールバッグ付

http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=13182
posted by pop at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト名 J | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ROCK NEWS XX one love one peace XX TOPへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。