2006年12月20日

The Futureheads レーベル離脱も、メンバーは“大喜び”!?

The Futureheads レーベル離脱も、メンバーは“大喜び”!?

ザ・フューチャーへッズが、所属していたレーベルを離脱した。しかし、彼らはそのことを“大喜び”しているという。バンドはワーナー傘下のレーベル「679 Recordings」より、'04年にデビュー・アルバム、続いて今年、2nd『News And Tributes』をリリース。しかし、この2枚をもってレーベルと契約を打ち切ったことをフロントマンのバリー・ハイドがこのたび明かした。バリーは「BBC 6 Music」にこう語っている。「正直に言うと、その件に関しては大喜びしてるよ。だって今は自由を実感できてるからね。オレたち、バンドとしてあのレーベルには満足してなかったんだ。何かに縛りつけられるっていう束縛から解放されるのは最高だよ。オレたちはすごく強い立場に置かれたと思ってる。オレたち、人気バンドだからさ」。なお、11/20の時点では、レーベルからのコメントは得られていない。バンドは11/25よりプレストン53ディグリーズを皮切りにUKツアー9公演に繰り出す予定となっている。(NME)

http://www.vibe-net.com/musicinfo/news/index.html?DATE=20061121
posted by pop at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト名 F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

Franz Ferdinand アレックスがカナダでアノ曲を……!

Franz Ferdinand アレックスがカナダでアノ曲を……!

フランツ・フェルディナンドのフロントマン、アレックス・カプラノスが、12/2にカナダで「Take Me Out」の即興演奏を行なった。アレックスは、地元バンクーバー出身のバンドEvaporatorsと、このナンバーをデュエット。Evaporatorsのヴォーカル、Nardwuar The Human Servietteに、“サプライズ・ゲスト”と紹介されたアレックスは、ヒゲをたくわえた新スタイルでステージに登場。バンクーバーの雨と雪が、故郷のグラスゴーを思わせるとコメントした。さらに、カナダの音楽誌『Chart Attack』によると、アレックスは今後のキャリアについて「そうさ。僕はフランツ・フェルディナンドを辞めて、Evaporatorsのギターの技術担当になるんだ」と観客にジョークを飛ばしたとのことだ。(NME)

http://www.vibe-net.com/musicinfo/news/index.html?DATE=20061206
posted by pop at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト名 F | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ROCK NEWS XX one love one peace XX TOPへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。