2006年12月27日

U2 著作権の保護期間延長を訴える!

U2 著作権の保護期間延長を訴える!

U2やカイザー・チーフス、マキシモ・パークを始めとした4,000組のバンドが、“ミュージシャンに対するフェアプレー”を求める全面広告を12/7付の新聞に掲載した。彼らは英国の音楽作品における著作権の保護期間を、USの規定に合わせて50年から95年へと引き伸ばすよう求めている。広告が掲載されたのは、英経済紙『ファイナンシャルタイムズ』。このキャンペーンには、ほかにもP.J.ハーヴェイやザ・フーのピート・タウンゼント、元ビートルズのポール・マッカートニー、ザ・クラッシュのポール・シムノンなども名を連ねている。「我々は英国政府に音楽作品における著作権の保護期間の延長を支持するよう求めます」と記されたこの広告は、政府から委託された「Gowers Report」が、保護期間を延長すべきではないとの見解を発表したことを受けて制作されたもの。『ファイナンシャルタイムズ』紙によると、政府は、英国の知的所有権の保護が“そもそも厳しい”とする報告を全面的に受け入れているとのことだ。(NME)

http://www.vibe-net.com/musicinfo/news/index.html?DATE=20061208
posted by pop at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト名 U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ROCK NEWS XX one love one peace XX TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。