2006年11月13日

今度はパニック!アット・ザ・ディスコがエモを攻撃

今度はパニック!アット・ザ・ディスコがエモを攻撃

先日カサビアンがマイ・ケミカル・ロマンスを攻撃したが(http://www.barks.jp/news/?id=1000027522)、パニック!アット・ザ・ディスコは、エモ・バンドと呼ばれるのが我慢ならないようだ。「あのジャンルはクソだ」と言い放った。

フロントマンのブレンドン・ユリーは、NMEにこう語った。「(俺たちを)わかってない! 弱っちっくて恋愛がうまく行かない奴らが、自分たちはどれだけ可哀相かってことを歌にしてんだろ。俺たちの曲を聴いてみろ。そんなトーンの曲は1つもない。エモはクソだ! 言葉通りに取りたきゃ、確かに俺たちはエモーショナル・バンドだ。自分たちのやってることに思いを込めてる。世間は型にはめたがるけど、俺らはお決まりのエモには当てはまらない」。

パニック!アット・ディスコは、ティム・バートン監督の『Nightmare Before Christmas 3D』のサウンドトラックで「This Is Halloween」のカバー・ソングを提供している。

バンドは現在ヨーロッパ・ツアー中。10月21日から4夜連続でロンドンのブリクストン・アカデミーでパフォーマンスする。

http://www.barks.jp/news/?id=1000027601&m=all
posted by pop at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ROCK NEWS XX one love one peace XX TOPへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。